Upcoming Exhibition

阿久津光子・趙慶姫 2019

2019年5月10日(金)〜5月18日(土) 11:00AM〜7:00PM 会期中無休

この2人展では、阿久津光子のジャカード織によるタピスリー作品と、趙慶姫による白いレリーフ作品および版画を展示します。

阿久津は1999年よりモントリオール現代テキスタイルセンター(カナダ)で、研修、制作を続けています。本展では「痕跡・存在・時間」をテーマに、樹肌のイメージから展開したジャカード作品を発表します。小品では、樹肌に刻まれた傷跡、その痕跡を糸と針で手刺し、掘り起こしています。

趙は2006年より、光がつくり出す微妙な陰影を造形化するレリーフ作品「白の階調シリーズ」と、明暗の調子で光のイメージを表現する版画作品の制作を行っています。今回、レリーフでは6年ぶりに石膏を用い、建築空間へ展開する素材の提案も行います。

阿久津の糸によるグラフィカルな表現と、光をとらえる趙の表現。ジャンルの異なる2人の作品が一つの空間でどのように響き合うか、2016年に続く2回目の試みです。どうぞご高覧ください。

阿久津光子 (AKUTSU MITSUKO)
■プロフィール:
1952 東京生まれ。’77東京藝術大学美術学部デザイン科工業デザイン専攻卒業。’80-2017個展17回(東京、京都、モントリオール)。テキスタイルアート・ミニアチュール展(2010-18)、Jacqurd 2×2 Montréal:Tokyoカナダ大使館高松宮記念ギャラリー(2010)/カナダ巡回(2011-12)/京王プラザホテル(2018)、Fiber Futures:Japan’s Textile Pioneers 米国、欧州巡回(2011-16)、’84〜企画展・グループ展多数。現在、青山学院女子短期大学教授。

趙慶姫 (CHO KYONG HEE)
■プロフィール:
1956 東京生まれ。’81東京藝術大学大学院美術研究科デザイン専攻修士課程修了。’84〜プロダクトデザイン、’92〜建築空間のアートを手がける。’87〜2013個展9回、’16 2人展。コミッションによるアートワーク:’93横浜市営地下鉄北新横浜駅ガラスレリーフ、’95〜2001りんかい線7駅のアートパネル、’00都営地下鉄大江戸線蔵前駅ガラスレリーフ、’12浅草タワーアートワーク、他。現在、青山学院女子短期大学教授。

Kihada J-01/阿久津光子 gallery5610-deska.jp-minami aoyama

版画(ディープエッチング)/趙慶姫 gallery5610-deska.jp-minami aoyama

Kihada J-06 gallery5610-deska.jp-minami aoyama

版画(ディープエッチング) gallery5610-deska.jp-minami aoyama

Kihada J-05 gallery5610-deska.jp-minami aoyama

版画(メゾチント) gallery5610-deska.jp-minami aoyama

Kihada J-05s gallery5610-deska.jp-minami aoyama

版画(ドライポイント) gallery5610-deska.jp-minami aoyama

Kihada J-06s gallery5610-deska.jp-minami aoyama

版画(ディープエッチング) gallery5610-deska.jp-minami aoyama

gallery5610-deska.jp-minami aoyama

gallery5610-deska.jp-minami aoyama

gallery5610-deska.jp-minami aoyama

gallery5610-deska.jp-minami aoyama

gallery5610-deska.jp-minami aoyama

gallery5610-deska.jp-minami aoyama

Upcoming Exhibition

樹の命をつなぐ

2019年5月20日(月)〜5月25日(土) 11:00AM〜6:00PM
初日1PMより/ 最終日4PMまで

樹木には自然の恵みと風雪を生きぬいた記憶が刻まれ、その年輪や傷にさえ大きな命の尊厳を感じます。自然と人々との調和を祈る心は、今日も日本の文化の中で活きています。
新たな樹の命を生み出し、暮らしに溶け込む楽しい提案をする、この手仕事の温もりを作品に込めて、思いをつなぐ展示会でありたいと一同願っています。

グループこの手。
自然の中にある素材、木、土、石、鉄など、手を使い道具をあつらえ、かたちを生み出す。手触りで感じる、言葉では言い表せない精度や密度。そんな手仕事を現代なおも続けている仲間達です。

<出展者>
・安達造園株式会社
造園業という仕事を通して、根を生やし葉を茂らす生き物としての樹木から素材としての木材までに関わりながら、石、土、鉄といった自然の素材を人の手の内に取り入れ、活かしていくものづくりを心がけております、今回の展示は「かまどのあるあずま屋」です。

・is一力施工
建築業をメインにしていた親子で営むクラフト店。
拠点を奥葉山に構え、建築業と並行してオリジナル商品の創作活動をしています。
天然素材やあらゆる素材を有効活用して色々な循環を計る。

・家具工房 湘南 おはら

・atelier BIANN 岸本邦男
百人百様、自由な暮らし方への興味から、新しいかたちを生みだす冒険が始まります。
既成の作品からまた一歩飛躍する仕事を目指します。

安達造園株式会社 gallery5610-deska.jp-minami aoyama

is一力施工 gallery5610-deska.jp-minami aoyama

is一力施工 gallery5610-deska.jp-minami aoyama

家具工房 湘南 おはら gallery5610-deska.jp-minami aoyama

atelier BIANN 岸本邦男 gallery5610-deska.jp-minami aoyama

gallery5610-deska.jp-minami aoyama

gallery5610-deska.jp-minami aoyama

gallery5610-deska.jp-minami aoyama

gallery5610-deska.jp-minami aoyama

gallery5610-deska.jp-minami aoyama

gallery5610-deska.jp-minami aoyama

gallery5610-deska.jp-minami aoyama

gallery5610-deska.jp-minami aoyama

gallery5610-deska.jp-minami aoyama

gallery5610-deska.jp-minami aoyama

gallery5610-deska.jp-minami aoyama

Upcoming Exhibition

第15回13人の机から - 手作り絵本ほか -

2019年5月28日(火)〜6月2日(日) 11:00AM〜6:00PM 最終日〜5PM

「13人の机から」は、東京展「絵本の部屋」のメンバーによるグループ展で今回で15回を迎えます。本展では19人の作家が、様々な手法を用いた絵本を展示いたします。

<出品作家>
板橋敦子・糸桜ゆかり・加賀美裕子・金沢順子・小作恵子・佐藤環・さかいふみこ
清水のりえ・佐藤ゆかり・しのはらはれみ・染谷照代・武井淑子・竹佐知子
ギョーマンちめこ(武田眞由子)・つちやゆみ・ママダミネコ・南ひろみ
みなみじゅんこ・武藤順子

gallery5610-deska.jp-minami aoyama

gallery5610-deska.jp-minami aoyama

gallery5610-deska.jp-minami aoyama

gallery5610-deska.jp-minami aoyama

gallery5610-deska.jp-minami aoyama

gallery5610-deska.jp-minami aoyama

gallery5610-deska.jp-minami aoyama

gallery5610-deska.jp-minami aoyama

gallery5610-deska.jp-minami aoyama

gallery5610-deska.jp-minami aoyama

gallery5610-deska.jp-minami aoyama

gallery5610-deska.jp-minami aoyama

gallery5610-deska.jp-minami aoyama

gallery5610-deska.jp-minami aoyama

gallery5610-deska.jp-minami aoyama

gallery5610-deska.jp-minami aoyama