Upcoming Exhibition

多摩美術大学大学院イラストレーションスタディーズ 修了制作展2019

2019年2月28日(木)〜3月6日(水) 11:00AM〜6:00PM
初日4PMより/ 最終日5PMまで

多摩美術大学大学院イラストレーション研究グループの修了生が出たのは2000年からで、軌道に乗ったのは2004年からだ。それ以降、イラストレーション研究グループは表現(作品)と研究の両輪を目的に進んできた。やっと大学院におけるイラストレーション研究のありようが整ってきたように思う。今回の修了制作展は第14回目となる。この展覧会は大学院における展覧会授業で、社会に発表し各自のメッセージを発信する場となっている。あくまでも作品が中心で、それを補う理論がバックボーンとして見え隠れするものになっている。さらに後期博士課程に表現と研究を追求する学生も生まれ、イラストレーション研究グループの内容の深さに繋がってきた。大学院での表現と研究は孤独で、学部の時代とは異なり専門性が追求され、テーマが重要になってくる。今年度の博士号取得者2名、修士号取得者8名の研究成果は、今後各自の将来に向けての指針となり、またこのグループは日本および世界のイラストレーション研究の中心的研究チームとして、発展、継続していくことになるであろう。(多摩美術大学教授 秋山孝)

【博士号取得 出品者】

高橋 庸平 TAKAHASHI Yohei
○博士論文「震災に向き合うイラストレーション・ポスター」

崔 高恩 CHOE Gon
○博士論文「グラフィック・ウィット研究: グラフィック・ウィットの定義とイラストレーションにおける表現に関する研究」

【修士号取得 出品者】

王 佳煒 WANG Jiawei
○修了論文「娯楽領域における妖怪イラストレーションの表現」

大平 桃子 ODAIRA Momoko
○修了論文「ノスタルジックな表現で描く駄菓子屋イラストレーション」

韓 奕 HAN Yi
○修了論文「融合的な表現のイラストレーション」

韓 建文 HAN Jianwen
○修了論文「子どもの生活をテーマとしたイラストレーション」

呉 譯棋 WU Yiqi
○修了論文「ライフカルチャー雑誌における「都市を表現するイラスト」の考察」

黃 宛蓁 HUANG Wan-Cheng
○修了論文「学齢期児童のための教育絵本」

熊 昕玥 XIONG Xinyue
○修了論文「イラストレーションにおける比喩表現」

婁 暁寧 LOU Xiaoning
○修了論文「東京少女のライフスタイルを表現するイラストレーション研究」

出展作品: 高橋 庸平(タカハシ ヨウヘイ) gallery5610-deska.jp-minami aoyama

出展作品: 崔 高恩(チェ ゴウン) gallery5610-deska.jp-minami aoyama

出展作品:王 佳瓘(オウ カイ) gallery5610-deska.jp-minami aoyama

出展作品:大平 桃子(オオダイラ モモコ) gallery5610-deska.jp-minami aoyama

出展作品:韓 奕(カン イ) gallery5610-deska.jp-minami aoyama

出展作品:韓 建文(カン ケンブン) gallery5610-deska.jp-minami aoyama

出展作品:呉 譯棋(ゴ ヤクキ) gallery5610-deska.jp-minami aoyama

出展作品:黃 宛蓁(コウ エンシン) gallery5610-deska.jp-minami aoyama

出展作品:熊 昕玥(ユウ キンゲツ) gallery5610-deska.jp-minami aoyama

出展作品:婁 暁寧(ロウ ギョウネイ) gallery5610-deska.jp-minami aoyama

gallery5610-deska.jp-minami aoyama

gallery5610-deska.jp-minami aoyama

gallery5610-deska.jp-minami aoyama

gallery5610-deska.jp-minami aoyama

gallery5610-deska.jp-minami aoyama

gallery5610-deska.jp-minami aoyama

Upcoming Exhibition

Ancient Futures _ Takashi Ashitomi
プロダクト・データ・マイニング研究

2019年2月22日(金)〜2月27日(水) 11:00AM〜5:00PM
初日3PMより

プロダクト(立体物)は、様々な情報を積載したコンテナのようなものです。そのため、データ・マイニングの媒体となり得ると考えています。
何の役にも立ちそうもないのに、私の情動を刺激し、拾い集めたプロダクトが発する情報の正体に迫ることができれば、人が必要としているデータ・マイニングの核心に触れられるのではないかと考えました。それは、データ至上主義的なデータ・マイニングとは異なるアプローチです。
拾い集めた自然遺物や人工遺物が発する情報を、よりクリアに受け取るために、それらが成ろうとしている状態を丁寧に読み解き、できるだけ作為的にならないように、慎重にノイズを取り除いた立体物を制作しています。
展覧会では、その中から30数点を展示しますが、見るだけでなく、手に取ってそれらのプロダクトが発する情報を感じて欲しいと思っています。
安次富 隆

●安次富 隆(Ashitomi, Takashi)
プロダクトデザイナー・SAAT DESIGN INC.代表
多摩美術大学プロダクトデザイン教授

1959 沖縄県生まれ
1985 多摩美術大学デザイン学科立体デザイン専攻プロダクトデザイン専修卒業
1985 ソニー(株)デザインセンター入社
1991〜ザートデザイン設立/代表
2008〜多摩美術大学プロダクトデザイン教授
現在は、プロダクトデザイン、地場産業開発、デザイン教育/研究、デザイン評価など、総合的なデザインアプローチを行なっている。

●ギャラリートーク
要予約・定員各30名:予約メール先(k_ashi@saat-design.com)

・23日(土)17:00〜18:00
 石田 尚志
 (現代美術家・映像作家・多摩美術大学油画准教授)

・24日(日)17:00〜18:00
 中村 寛
 (文化人類学者・著述家・多摩美術大学共通教育准教授)

・26日(火)17:00〜18:00
 米谷 ひろし
 (空間デザイナー・TONERICO:INC.代表・多摩美術大学環境デザイン学科教授)

●オープニングパーティー
2月22日(金) 17:00〜19:00

●展示デザイン
米谷 ひろし
(空間デザイナー・TONERICO:INC.代表・多摩美術大学環境デザイン学科教授)

●謝 辞
この度の展覧会を開催するにあたって、以下の方々に研究に対するアドバイスを含め、大変お世話になりました。心からお礼申し上げます。
(敬称略)
徳吉 英一郎、徳吉 敏江、中村 寛、石田 尚志、米谷 ひろし、北原 皆、林 祐輔、秋山 乃佑、秋山 慶太、神長 遼平、小井沼 桃、横井 絵里子、楊雅艮、宗鵬、安次富 久美子

gallery5610-deska.jp-minami aoyama

gallery5610-deska.jp-minami aoyama

gallery5610-deska.jp-minami aoyama

gallery5610-deska.jp-minami aoyama

gallery5610-deska.jp-minami aoyama

gallery5610-deska.jp-minami aoyama

gallery5610-deska.jp-minami aoyama

gallery5610-deska.jp-minami aoyama

gallery5610-deska.jp-minami aoyama

gallery5610-deska.jp-minami aoyama

gallery5610-deska.jp-minami aoyama

gallery5610-deska.jp-minami aoyama

gallery5610-deska.jp-minami aoyama

gallery5610-deska.jp-minami aoyama

gallery5610-deska.jp-minami aoyama

gallery5610-deska.jp-minami aoyama