Past Exhibition

多摩美術大学大学院イラストレーションスタディーズ修了制作展2020


<3月2日から8日まで予定しておりました本展は、新型コロナウィルス感染症拡大防止のため中止となりました>

                                                                                                            <新型コロナウィルス感染症拡大防止のため中止となりました>  

多摩美術大学大学院イラストレーション研究グループの修了生が出たのは2000年からで、軌道に乗ったのは2004年からだ。それ以降、イラストレーション研究グループは表現(作品)と研究の両輪を目的に進んできた。やっと大学院におけるイラストレーション研究のありようが整ってきたように思う。今回の修了制作展は第15回目となる。この展覧会は大学院における展覧会授業で、社会に発表し各自のメッセージを発信する場となっている。あくまでも作品が中心で、それを補う理論がバックボーンとして見え隠れするものになっている。さらに後期博士課程に表現と研究を追求する学生も生まれ、イラストレーション研究グループの内容の深さに繋がってきた。大学院での表現と研究は孤独で、学部の時代とは異なり専門性が追求され、テーマが重要になってくる。今年度の修士号取得者7名の研究成果は、今後各自の将来に向けての指針となり、またこのグループは日本および世界のイラストレーション研究の中心的研究チームとして、発展、継続していくことになるであろう。
(多摩美術大学教授 秋山孝)


【修士号取得 出品者】

徐 敏(ジョ ビン)
○修了論文「風景イラストレーションにおける記憶を呼び起こす条件の研究

沈 培慧(チン バイケイ)
○修了論文「感情を想起させる風景のビジュアル表現」

杜 美齢(ト メイレイ)
○修了論文「不思議をモチーフとしたイラストレーション」

韮澤 実月(ニラサワ ミヅキ)
○修了論文「妖怪を通して観る日本人の自然信仰のかたち」

苗 濃(ビョウ ノウ)
○修了論文「果実を描いたイラストレーションがもたらす可能性」

堀口 海太(ホリグチ カイタ)
○修了論文「キャラクターについて」

楊 佳琪(ヨ カキ)
○修了論文「玩具としての用途の人形をモチーフとしたイラストレーション表現」

●作品解説:秋山孝、高橋庸平 3月2日(月)16:00〜
●オープニングパーティ:3月2日(月)17:00〜
●主催:「多摩美術大学大学院イラストレーションスタディーズ修了制作展実行委員会」

徐 敏(ジョ ビン) gallery5610-deska.jp-minami aoyama

沈 培慧(チン バイケイ) gallery5610-deska.jp-minami aoyama

杜 美齢(ト メイレイ) gallery5610-deska.jp-minami aoyama

韮澤 実月(ニラサワ ミヅキ) gallery5610-deska.jp-minami aoyama

苗 濃(ビョウ ノウ) gallery5610-deska.jp-minami aoyama

堀口 海太(ホリグチ カイタ) gallery5610-deska.jp-minami aoyama

楊 佳琪(ヨ カキ) gallery5610-deska.jp-minami aoyama

gallery5610-deska.jp-minami aoyama

gallery5610-deska.jp-minami aoyama

gallery5610-deska.jp-minami aoyama

gallery5610-deska.jp-minami aoyama

gallery5610-deska.jp-minami aoyama

gallery5610-deska.jp-minami aoyama

gallery5610-deska.jp-minami aoyama

gallery5610-deska.jp-minami aoyama

gallery5610-deska.jp-minami aoyama